BuliTTo-亜洲電影迷

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界初?大阪=香港合作映画「大阪プロレス飯店」

<<   作成日時 : 2004/09/23 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【映画データ】2003年 大阪=香港合作
       監督 トミー・ロー(無問題チーフ)
ティミー・ハン(サモ・ハン・キンポーの息子)ライ・ユウ・チョン(オール阪神似)上野未来、間寛平、スペルデルフィン、サモ・ハン・キンポー、サム・リー、チン・ガーロウ、グロリア・イップ
吉田ヒロ、末成由美、中條健一(from 吉本新喜劇)
http://www.osaka-hanten.com/index2.html

【ストーリー】
貧乏ながらも料理人を目指してチャンチャンの店で、いじめにあいながらも頑張っているキー(ティミー・ハン)。そんな彼のもとに父危篤の知らせが届く。父(間寛平)は息を引き取る前に、若い女の子との結婚資金にと貯めていた金の延べ棒と「兄弟仲良くな」という遺言を残したのだ。呆然とするキーに突然1本の電話が・・。
何年も連絡の取れなかった兄のマイ(ライ・ユウ・チョン)からの電話だった。
「父の遺産を倍にしてやる。大きなビジネスチャンスが日本の大阪にある。今から大阪に来い!!」
これまでにもアロエの栽培場を作るとか、肉を売ろうとダチョウを飼育するとか、アホな商売に手を出してことごとく失敗している兄の言葉を信じることのできないキーは、チャンチャンの店での料理の修業を続けていこうとするが、ささいなことでチャンチャンと大喧嘩。その喧嘩のさなか、香港に取材に来ていた日本のリポーターの京子(上野未来)を海に突き飛ばしてしまう。
働き口のなくなってしまったキーは、結局兄を訪ねて大阪へと向かう。
「大阪は香港に似てると思わないか? 人間もだ。声がデカい、食い物にうるさい。いろんなとこを旅したけど、こんないい街は他にないよ」
久しぶりに会ったマイは大阪の良さをキーに教える。そして二人が行った先は・・・

いやいや、観てきてしまいました。
上映館が@池袋、それもレイトショーのみという悪条件を乗り越えて。。。思ったよりも思いっきり笑えなかったけど、まずビジュアル的に楽しい!!ノリとしては「炎の料理人ー金玉満堂」や「食神」に近い気がする。。。
この映画を作った人は上の両作品も見ただろうと思います。それもそのはず、金玉満堂のアニタ・ユンのお父さん役のチン・ガーロウ、食神の少林寺のエライ坊さん役の方(名前失念)も出てるのです。それに香港の服部幸應みたいな役でサモ・ハン・キンポー、その車引きでサム・リー。そしてこの映画の主役をなんとサモ・ハン・キンポーの息子さんがつとめています。
ユニークなキャストはまだまだ続く(笑)大阪側からは間寛平なんと広東語のけっこう長いセリフもあり、びっくり!!結構上手かったです。最近の吉本の役者さんはあまり知らないのですが花形らしき人々も3人ほど出ているし。。。そしてそしてこの人達がいなければこの映画は成り立たなかった?!そう、大阪プロレスの実際のレスラーも出ているのです。もちろん仮面は付けたままですが。。
小龍包仮面、食い倒れ仮面、えべっさん仮面、もうビジュアル的には最高に楽しい!!それが香港と結びついてしまうなんて。。。私のいてもたっても居られなかったわけがお分かりいただけたでしょうか?

ストーリーは単純でわかりやすいので私向きだったかもしれません(笑)。ただビジュアルで笑かすだけではなく、れっきとしたラブコメでもあるのです。それにお金があるところの裏にはそれを妬む所あり、の憎悪劇。どこにでもありがちですがあえてそれを直球でやってしまうところがいい。。今どき、レストランの繁盛を妬んでライバル店が厨房に忍び込んで虫入れたり・・・って(笑)。少林サッカーの「バナナの皮ですべる」感覚でしょうか?

この映画は関西発信の「スマイル・シネマ」というプロジェクトで作られています。その趣旨は明るい話題が少なくて夢と希望を抱きにくく閉塞感のある現代。見てる人に元気になってもらおうというものです。誰もが思っていても行動に移さない事がほとんどなのに!!まず私はこの趣旨に賛同したいと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界初?大阪=香港合作映画「大阪プロレス飯店」 BuliTTo-亜洲電影迷/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる