BuliTTo-亜洲電影迷

アクセスカウンタ

zoom RSS スーチーの可愛さ爆発!!「トランスポーター」

<<   作成日時 : 2005/01/11 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


【映画データ】 2002年・アメリカ/フランス映画
監督: ルイ・レテリエ コリー・ユン
製作: リュック・ベッソン スティーヴ・チャスマン
脚本: リュック・ベッソン ロバート・マーク・ケイメン
撮影: ピエール・モレル
音楽: スタンリー・クラーク
出演: ジェイソン・ステイサム スー・チー マット・シュルツ フランソワ・ベルレアン リック・ヤング

--------------------------------------------------------------------------------
【ストーリー】
南仏に暮らすフランクはプロの運び屋。“契約厳守”“名前は聞かない”“依頼品は開けない”という3つのルールの下、高額な報酬と引き換えにワケありの依頼品であろうが正確に目的地まで運ぶ。この日も依頼品である3人の強盗犯を愛車に乗せ、追走する警察を見事に振り切って目的地に送り届けた。そんなフランクにある組織から新たな仕事が入る。いつも通り車のトランクに依頼品のバッグを積み、目的地へと向かう。が、道中でバッグに不審を感じたフランクは、自らのルールを破ってつい開けてしまう。すると、そこには手足を縛られた中国人美女が入っていた…。

*****************************************
その「中国人美女」役にスーチーが出てるんですな。。
私の中ではスーチーといえば「クローサー」なので、アクション映画の中の彼女しか知らないのですが、運動神経抜群ぽくてスレンダーな彼女はまさにアクション向き!!
おりしも「クローサー」と同じ年に制作された本作ですが、どっちを先に撮ったのか?
どっちが先でも「ええい!!アクションついでじゃっ!!」って感じで撮ったのでしょうな(笑)。
アクションもさることながらスーチーのかわいさ爆発です。「クローサー」ではちょっと蔭のある姉役でしたが、「トランスポーター」の彼女は口を塞がれ、車のトランクに放り込まれようとも、なぜか逃げようともしないのが不可解とえいば不可解ですが、それだけまだ人を信じられる心を持っているのでしょう。せっぱつまった状況でありながらもマドレーヌを焼いたり、お花を生けたりという女性の本来持っている可愛さが最大限に出ています。彼女にはむしろこちらのキャラが合うかもしれません。

そんなかわゆい(死語?)スーチーの相手役の運び屋はジェイソン・ステイサム。
一見、ジョニー・デップに見えてしまいますが違いました。(笑)
悪役ながら元退役軍人役という設定の彼の優秀さ、非情さがスーチーの無邪気さで
うまくバランスとれています。男女どちらもがパキパキに優秀で非情だったら
息詰まるもんな・・・。

監督の一人になんとコーリー・ユンが参加してます。
ますます「クローサー」に近いよな。。
アクション指導法は多分同じなので映画のそこここに「クローサー」とかぶる場面も!!
なんせ「クローサー」30回は見てる私ですので(笑)これを数えるのが楽しいんだまた。。

BGMに香港映画ではめったに使わない(というか、いまのところ聞いた事が無い)
ヒップホップなども使われていてなんだか新鮮に感じました。
カメラワークもなんだか斬新で見ていて楽しいし。。
たまには香港映画以外を見ることも必要だな、と思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スーチーの可愛さ爆発!!「トランスポーター」 BuliTTo-亜洲電影迷/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる