BuliTTo-亜洲電影迷

アクセスカウンタ

zoom RSS いやあ・・・豪華な面々です「ブラックシティ」

<<   作成日時 : 2005/01/18 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【映画データ】2003年・香港映画 (原題)黒白森林
監督: バリー・ウォン マルコ・マク
製作総指揮: バリー・ウォン
脚本: バリー・ウォン
出演: アンソニー・ウォン ジョーダン・チャン ラウ・チンワン レイモンド・ウォン
    パトリック・ツェー ン・ジャンユー チャップマン・トゥ テレンス・イン 樋口明日香

【ストーリー】
「ゴッド・ギャンブラー」シリーズで一世を風靡したバリー・ウォンが、アンソニー・ウォン、ラウ・チンワンを配して描くアクションドラマ。刑事・黄薑と同僚の七喜、マフィアの黒幕・盲超の対決の裏には隠された秘密があった…。
--------------------------------------------------------------------------------
我ながらマイブームの王晶監督作品。
またまた面白い作品を見つけてしまいました。
香港娯楽映画の王者・王晶監督作品ですがわりにシリアスタッチ(笑)。
でものっけの映像から「ん?これってどっかで見たような・・・」と思ってしまいましたよん。

●『これって無間道では???』
香港・モンコクの夜店が立ちならぶ空中写真。
古びたビルのカットの連続。重苦しい感じのBGM。
そして物語の舞台は香港警察。やっと入った香港警察で異動先の部署の上司が
主人公の父親を殺したまさにその男だった・・・という運命のいたずら。
大ヒットした「インファナル・アフェア(無間道)」が日本で公開されたその年に制作された本作品。
一説には無間道のヒットにあやかろうとパクリ映画を作ったといわれていますが私ももちろんそう思います。(笑)でもただのパクリではなくて王晶監督一流のギャグなのだとわかってますぜ〜〜。
いや、それにしてもカメラワークにしてもまんま「無間道ぽい」んだよなあ。。
きっと「無間道」のディスクを穴があくほど見て王晶監督は制作に励んだんだろうなあ(笑)。

●『豪華キャスト』
「無間道」そっくりの映像だけで驚いてはいけません。
まずこの映画に出てるキャストに驚いてください。
主演がレイモンド(ウォン)君というのもフレッシュでいいですが、上司役にアンソニー・ウォン!!
しかも、アンソニーのキャラクターが「無間道」とほとんど同じ!!です。常に冷静、情もあまり感じないような人間性であると思いきや、チャップマン・トゥとからんだジョークな場面も何シーンか見えます。アンソニーは自分からギャグめいた台詞を言っておいて顔色一つ変えないのが可笑しい!!アンソニーに絡まれたチャップマン・トゥはもう王晶作品にはなくてはならない存在と言えるほど、この作品ではギャグを一手に引きうけています。シリアスな場面にチャップマン君の独特のギャグがからむとふつふつと可笑しい。。なんだかチャップマン君が出てきたら安心してしまう近頃の私なのでした(笑)。彼は癒し系キャラなのかも。

そして「友情客串」なのでスポット的にしか出てこないのがン・ジャンユーとラウ・チンワン。この二人が仲良く逃走する場面があるのが特に見物!!。字幕でなく吹替版で見るとキャラクターの声が本人の声よりも「らしい」のではないかと思えるくらい熱演の声優さん達!!ジャンユー様を演じてる声優さんに私は1万点あげたいです。
パトリック・ツェー!!ニコ(ニコラス・チェー)父も出ていますよ。もちろん悪役ですが。。パトリック・ツェーでピンと来なくても「少林サッカー」のデビルチームの監督、と言えばピンと来る人も多いかも知れません。
葉巻とかベンツとか渋い色のタートルハイネックとかガウンが世界一似合う(笑)。ついでにロッキング・チェアーにブランデーグラスにシャム猫を彼の日常のアイテムとしてあげてもぜんぜん違和感がないでしょう。
スタイリストさんも専属がついてるのでしょうか?ニコ父、お年を重ねられてますますおしゃれなんですよ。成金なアイテムだけどニコ父が着ると嫌味でない(笑)。
そしてあいかわらずのずるくて悪賢い役をやらせたら天下一品!!

そしてもう一人の悪役といえばテレンス(イン)君です。
今回は顔に大きな赤あざのあるベトナム人役。
いつもながらえらくクールです。冷酷非情を演らせたら非情度120パーセント!!

そして私の中では2枚目度と3枚目度が3対7の陳小春君。
今回はチャップマン君がギャグを一手にひきうけていたので陳君のギャグる隙間はなかったわけですが。。冷静でしたたかな実業家の役、悪くないですね。。私としてはちょっと三枚目気味役の彼のほうが好きなのですが。

そして最後になりましたが「恋戦・沖縄ランデブー」にも出ていてその広東語のうまさから
日本人だとは気づかなかった、樋口明日香嬢。今回は警察の職員の役で出ています。
広東語台詞も結構あるけど、あいかわらずネイティブと間違うほどの上手さ!!あのセリフは吹替ではきっとないと思います。がんばってほしいなあ。。

どうですか。いつになく「濃いぃ〜」俳優さんのオンパレードではないですか?(笑)

●『おわりに』
シリアス映画と見せかけて実はヒット映画のパロディとは。。。
それも映像からキャストからそっくりに作ってしまうなんて!!
王晶監督さすがです。
もちろんこの映画をただのパクリと見るかパロディと見るか
は見る人の見方にかかっているわけだけど。。
王晶作品は私の中の好きな映画トップテンにこれですでに2本入っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いやあ・・・豪華な面々です「ブラックシティ」 BuliTTo-亜洲電影迷/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる