BuliTTo-亜洲電影迷

アクセスカウンタ

zoom RSS PTU

<<   作成日時 : 2005/05/01 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第54回ベルリン国際映画祭正式出品、第23回香港電影金像奨(最優秀監督)、第40回台湾金馬奨・・などなど「PTU」は数々の賞に輝いている。警察モノだし、さぞかし・・・と期待して見に行ったの
だけど、私にとっては「なーんだ!?」な映画でした。まだ一度しか見ていないけど、初回のわけわからなさ加減が数を追うごとに薄れていくってことはめったにないから。。

舞台はすべて香港、私の好きな夜の九龍側という設定で風景は堪能したし、なんと言ってもサイモン・ヤムの警官姿は制服フェチな私にはたまらないものでした(笑)機動隊の制服、メチャメチャ似合う。同じ部隊であの「黒薔薇VS黒薔薇」でレオン・カーファイと一緒にベッドで揺れていた(笑)マギー・シュウも凛々しくも機動隊の制服に身を包んで登場します。香港映画では女性も時々ハードボイルドな役で格好いいなあ、と思うことがありますね。
マフィアの親分役、「ギョロメ」こと高雄(エディ・コー)。彼はかつて「精武門」というブルース・リーの映画のリメイク版テレビドラマでドニー・イェンの師匠役をつとめ、ドニーから「シフォーー」と呼ばれていました。ワイヤーワークは当たり前でしょうがすごいアクションでした。こうしてチョコ役であれどもお顔をおがめるのはうれしい限りです。
そしてサイモン・ヤムの陰に隠れてしまってる感のあるレイモンド・ウォン君ですが、彼の機動隊姿も素敵(笑)。今回の役もそつなくこなしてるように感じますが、いつまでも「秘蔵っ子」扱いでもなあ。。
彼もそろそろ新天地な役を見つけたい頃なんじゃないでしょうか??

以上、出演者評中心でしたが、もう一度みたいか?と言われたらどうだろう。。。
レディスデー、1日等だったら見るかな??リピートで見たいと思うだけの決定打が
ないんだよなあ。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PTU BuliTTo-亜洲電影迷/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる