BuliTTo-亜洲電影迷

アクセスカウンタ

zoom RSS 「愛の水中花」の松坂慶子 海外作品初出演作 【桃色】

<<   作成日時 : 2005/05/30 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シネパトス、やってくれました。
前から東銀座のシネパトスの前を通るたびに気になっていたあのポスター
「桃色」。ついに先日見て参りました。
ポスターのチャイナドレスの女の人のひとりは松坂慶子だったのね。
その隣に写ってるのは韓国の「女優」ハリス。「女優」を括弧書きにしたのは
元男性だからなのである。

その他、出演者は香港側にカール・ン、テレサ・チャン。
カール・ンは「電影行動1:99」や「白黒森林」「香港国際警察」他で見かけて気になっていた存在だったのでした。もとから「警官役」が印象に残っているのだけど、、今回も警官役(笑)。
それも「警官4708」という役柄、どっかで聞いたような演出。。
彼はクールな役をクールに演じてる。これから先も当分、警官役は続くんだろうが、早く
他の役を演じる彼を見てみたいものです。

警官4708を好きになるテレサ・チャン扮するメイライが「制服フェチ」なのも共感がもてます。
きっと香港警察の制服にときめいてしまうのは私だけではないってことね(笑)。
テレサ・チャンの出演映画を見るのは私は初めてなのだけど、なかなか好感の持てる女優さんです。

そして「元男性」の韓国女優ハリス。
抜群のスタイル、やや小柄ながらボディコン(死語?)&超ミニスカートでわかりやすい「セクシーな女」を演じている。
それが「松坂慶子の若い頃」という設定で、やや無理あるところなのだが。
日本語も日本人と見間違うほど上手で本作への入れこみぶりも一目瞭然。
他の出演作も見てみたいものだ。

そして90年初頭頃の竹ノ内豊と見間違うほど似てるのが日本人カメラマンを演じている
ショー。モデル出身らしいが香港でキャリアを積むことを決意した俳優だそうだ。
香港に魅せられてそこに住み着いてしまう日本人も多い。がんばってほしいものだ。
ただ、本作では彼も「わかりやすいクールな男前」役だ。男前ぶりには当初どっきりするものの
なんら特筆すべきものはない。

そして最後に登場するのが松坂慶子。
これを読んでいる人で、彼女がかつてアミタイ姿で「愛の水中花」という歌を歌っていたのを知っている向きは少ないと思うが(あとから知ったのだが歌だけでなくてドラマの名前も「愛の水中花」だったそうだ)その後、数十年経ってアミタイ姿などカワイイもんだった・・・・と思わせるくらいの堂々ぶり。
出る衣装出る衣装、想像を絶する派手さだが、衣装に負けないくらいの松坂の存在感はさすが!!
「よっ、日本の大女優」なんです。正直言って彼女をスクリーンで見るのも初めてなんですが、
圧倒されました。よくぞ香港映画に出てくれた!!
この映画は松坂さんなしでは成立しなかった、とまで言っていいでしょう。
ちなみに特筆すべきシーンをお知らせしておきましょう。

・ウエストまでスリットの入った「ヒョウ柄」のチャイナドレス
・映画「コーンヘッド」も真っ青な変形「夜会巻き」髪型
・三輪明宏と勝負させてみたい「三宅一生風」派手、派手コスチューム
・なぜかテレサ・チャンにSMコスチュームをつけさせいたぶるシーン

その他、「松坂慶子が所有するアパート」という設定の太子臺(プリンス・ヒル)にある
アパートが素敵なことも特筆すべきでしょう。おいてある調度品もしかり。
美術監督は「花様年華」「ブエノスアイレス」と同じマン・リムチャンなのね。納得。
またあの香港のオサレ雑貨屋「上海灘」がチャイナドレス担当なのもすごい!!

この映画はいちおうR15指定ですが、立派な芸術作品だと私は思います。
ただ、ポスターの雰囲気、題名からちょっとチケットを買うのをためらわれますが(笑)。
アジア各国のスターが競演した記念すべき映画でしょう。
http://www.momo-iro.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「愛の水中花」の松坂慶子 海外作品初出演作 【桃色】 BuliTTo-亜洲電影迷/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる