BuliTTo-亜洲電影迷

アクセスカウンタ

zoom RSS 禁断の「黒薔薇対黒薔薇」ビデオの前で正座して観まし

<<   作成日時 : 2004/07/29 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

いやあ、ついに見てしまいました。
噂が噂を呼んで「見たい、見たい」がマキシマムに達してる時についにアマゾンでビデオをゲットすることができました。どうもありがとう!!(ネットワークの闇に向かって叫)

ビデオレコーダー(今更)にビデオをセットするとき、楽しみ半分、何かイケナイことをしでかす前のような気分半分。。。だって噂によるとこの映画は最近私が愛してやまない梁家輝(レオン・カーファイ)が捨て身の演技をする映画なんですよっ!!
ええい!でもせっかくゲットしたんだし、見るしかない!!ビデオの前で正座や、正座。。

ビデヲがはじまってまだ数分しか経ってないっていうのに
でっ、出ました。カーファイの顔セロテープ。。
家人が落とした鍵を使って人の家に忍び込んだのだけど、いきなり帰ってきたのでばれないために自分の顔にセロテープを貼って顔を変えてるんです。。しかも、家の中にあったのではなく自分で持ってきた携帯用のぽかったし。。くっ、、、なんというアナログかつ直球ギャグ!!いやあ、でも「オールスターものまね歌合戦」の研ナオコの真似をする清水アキラ方式(鼻の穴が見えるように縦に貼る)どころはなく縦横にすごい貼り方だったよなあ。。あー、のっけからびっくりした。。

その他、ハイライトなギャグとしては止血薬と間違えて頭にセメントを塗られてしまったカーファイ。(だいたいなんで家の中のあんなところにひょいっとセメントが置いてあったのかも謎だが。。)水で洗い流してもらっても落ちず、セメントをつけたまま歌う、歌う。なんとこの期に及んでミュージカル仕立てなのだ(笑)。やがて水で緩んだセメントで髪はおっ立ち70年代の砂糖水で髪を立てていたころのパンクスみたいだった。歌い踊るにつれ見事なたてがみも真ん中から二つに割れ笑いを抑えられない髪型に。。。くくくくく。。

もうネタバレもいいところですが、他にも「いかにもキザ男」な立ちポーズとか鍵が開いてるのも知らずに無理に入ってる牢屋とか、突っ込みドコロ満載。。「月夜の願い」でもコテコテだと思ったけど、その上を行く映画があったとは!!ただし、まだ一回弱しか見ていないので制作者の意図はほとんど理解できませんでした。最後まで理解不能なくらい高度なのか、そんなことぜんぜん考えずにギャグ連発でウケるだけを狙ってるかのどっちかだな。。改めまして香港映画おそるべし!!

あっ、カーファイのギャグばかりに焦点を当ててしまいましたが、この映画は昔の香港映画のパロディになってるらしく、オープニングのテーマソングや挿入歌も昔っぽくて素晴らしかったです。それにカーファイの声。「月夜の願い」の頃から思っていたのですが彼の声は一体どうなってるんでしょうか?(笑)あれが普通の声なんでしょうか?なんというかほれ、よく特殊な気体を吸ったら声がドナルドダックみたいに変わる奴があるでしょ?どうもあれっぽいのです。「黒薔薇〜」はとくに意識してアヒル声にしてるんでしょうかね。一度、セシリア・チャンと対決させてみたいもんです。

あっ、またカーファイに話題がもどっていました。。
香港映画らしくカンフー技も素晴らしかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ブーメラン】黒薔薇VS黒薔薇
「禁断の「黒薔薇対黒薔薇」ビデオの前で正座して観まし」について ふふふ。 禁断の黒薔薇の園へ、いらっしゃ〜い! ...続きを見る
アジア映画、大好き!@WebryBlog
2004/07/30 13:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ふふふ。 見てしまったのですね。あなたも。 私が観たのはだいぶ前なので記憶が薄れかけていたのですが かなり思い出しました。あのギャグセンスは凄いです。 レオン・カーファイが演ってしまうところも
ポイントですね〜。また観たくなってしまいましたよ。
周りの人に話してもなかなか面白さが伝わらないんです やっぱり観てくれないと・・・
個人的に「Mr BOO」も大好きなんですが さすがに負けますね 「黒薔薇〜」には。
「月夜の願い」ってのは存じ上げなかったんですが これも香港コメディー物ですか?
気になりますです。

アモン
2004/07/30 00:09
アモンさん、コメントありがとうございます。
「なかなか人に言っても面白さが伝わらない」そう!そうなんですよね。とくに今、飛ぶトリも丸焼きの韓国映画とちがって香港映画はそうそうパンピーな人が見てるわけでもなく。。ともかく同じ映画を見てる同志がいるってだけで心強いですね。(笑)
Mr.Boo!!私もかなり好きです。中でも「鉄板焼き」はサイコーです。もうギャグなシーンを見る以前に許三兄弟が登場した段階で笑ってしまうですよね(笑)。(パブロフのお犬状態)
zuen
2004/07/30 23:24
あっ、すみませぬ。
「月夜の願い」は私も知らずに最近知ったのですが94年頃の作品です。コメディといえばコメディですがもっと作り込まれた笑いですね。それだけでなく、下町人情ものとしても素晴らしいハートウォーミングな作品です。ピーター・チャン監督さすがです。香港映画は見るほどにいい作品がいっぱいあってランク付けしにくいのですがいまのところ、私の中の一位はこの「月夜の願い」なのではないか?と思っています。是非御覧になるのをオススメしますよ。
追加。
2004/07/30 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
禁断の「黒薔薇対黒薔薇」ビデオの前で正座して観まし BuliTTo-亜洲電影迷/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる